便秘解消に良い食べ物

日本人が悩む便秘の多くが、慢性便秘です。
この慢性のものを解消するためには、日々の食生活の改善がとても重要となってきます。
では、具体的にどのように食事に気を付ければ良いのでしょうか。

便秘解消と聞いて、まず思い浮かぶのは食物繊維ではないでしょうか。
食物繊維はイモ類などに多く含まれているという印象がありますが、それ以外にも果物や海藻など様々な食品に含まれています。
また、食物繊維にも種類があり、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維とが存在します。
これはその名の通り、水に溶ける食物繊維と、溶けない食物繊維で、これらをバランスよく摂取しなければ、反対に便秘を悪化させてしまうことがあるのです。

水溶性食物繊維は、水分を保持する能力があり、不要物を腸まで運んでくれる役目があります。
リンゴやイモ類、海藻類などに多く含まれています。
不溶性食物繊維は、水分を取り込んで便のカサを増やしてくれ、腸のぜんどう運動を盛んにしてくれる役目があります。
大豆やごぼうなどに多く含まれています、便秘を解消するためにたくさん食物繊維を摂っているのにも関わらず、なかなか解消しないという方は、食物繊維の種類にも注目してみると良いでしょう。

食物繊維は確かに便秘に効果的ですが、そればかり摂取していればいいというわけではありません。
ダイエット中などに避けられがちな、油脂は腸内で不要物を運んでくれるため、油脂を避けた食生活を送っていると、これになってしまいます。
ダイエット中であっても、油脂を含む栄養分をバランス良く摂取することが、便秘を解消するポイントとなります。

また、便秘に悩む方の中には朝食を抜いているという方が少なくありません。
実は朝食を抜くことで、腸の働きが非常に悪くなってしまうため、便秘になりやすいのです。
朝は忙しくて朝食を準備する暇が無いという方も、1杯の牛乳やスムージーでも良いので、朝に何かお腹に入れて、腸を刺激することが大切です。

このように、便秘と食生活は非常に大きな関係があります。
ぜひご自身の食事内容や、食事方法を振り返ってみてください。