便秘の種類と対策

便秘と一口に言っても、実は様々な種類が存在します。
また、そのものの種類に応じて、効果的な対策方法がありますので、これらを解消するためには、自分がどのタイプのものであるのかということを見極める必要があります。
では、どのような種類のものがあるのでしょうか。

まず、これは大きく分けて「機能性便秘」と「器質性便秘」とがあります。
機能性のものというのは、胃や腸など消化器官が機能低下をしていることが原因となっており、多くの方がこの機能性のものに当てはまります。
一方器質性のものは、腸の疾患が原因となったものです。
腸閉塞や腸の炎症、先天性のものなどによって、生じるものですので、この場合は医師と相談をしながら解消方法を見つけていく必要があります。

機能性のものにも、更に種類があり、「急性便秘」、「慢性便秘」、「医原性便秘」とがあります。
急性のものは、食事の変化や水分不足、ストレスや運動不足といったことが原因となり、大腸の蠕動運動が鈍くなることで起こります。
そのため、その原因を取り除くことで解決することができます。
医原性のものは、薬を服用した際の副作用によって起こるものです。
腸の動きが抑えられるような薬や、自律神経に作用するような薬を服用することで起こります。
この場合は、下剤などを服用して排便を促す必要があります。

多くの方が当てはまるのが、慢性のものです。
慢性のものというのは、数日間の排便が無いという状態が定期的に起こるものです。
食生活の改善や、生活習慣の見直しといった、日ごろの生活の改善が必要となってきます。
慢性のものにも3タイプがあり、加齢や運動不足などで筋力が低下することによって便を押し出す力が弱くなることが原因となる「弛緩性便秘」。
ストレスが原因で自律神経が乱れ、蠕動運動が上手く行われなくなることで起こる「痙攣性便秘」。
便を我慢する習慣がついてしまい、便意が上手く脳に伝わらなくなってしまうことで起こる「直腸性便秘」があります。
どのタイプにも当てはまる解消方法としては、バランスの良い食事と水分補給、定期的な運動とストレスを溜めない生活です。
それでもなかなか改善しない場合は、一度医師に相談するのも便秘改善の近道になりますよ。