乳酸菌と便秘の関係

お腹にやさしいと言われている乳酸菌ですが、そもそも乳酸菌とはどんなものなのかということをご存知でしょうか。
ここでは、乳酸菌がどのようなものなのか、どのような働きをするのかということを詳しくご紹介します。

まず、乳酸菌というものは、糖を分解して乳酸を生産するという働きをしています。
この乳酸菌は、様々な種類があり、食品加工の場を中心に多くの場面で活用されています。
その中で、様々な研究が進められてきて、乳酸菌には腸内にいる細菌のバランスを整え、腸内環境を回復させる効果があるということがわかりました。
そして今では、乳酸菌が配合されているというドリンクやヨーグルトなど、様々な製品が市場に出回るようになっています。

私たちの腸内には、様々な細菌が住んでいます。
その中には、悪玉菌と呼ばれている有害な細菌と、善玉菌と呼ばれている有益な細菌とが存在します。
私たちの健康と、腸内の細菌バランスは大きな関わりがあり、悪玉菌の割合が多くなると腸内環境が悪化して健康を損ねるようになり、反対に善玉菌の割合が多くなると腸内環境が良くなって健康を増進させます。
乳酸菌は、有害な悪玉菌の増殖を抑えてくれ、善玉菌の増えやすい環境づくりのサポートをしてくれます。
結果、便秘解消をはじめ、様々な健康効果を得ることができるのです。

私たち日本人は、欧米人に比べると腸の長さが長くなっています。
その分、乳酸菌が腸に届くまでの過程の中で、多くの乳酸菌が死滅してしまいます。
ですから、乳酸菌を摂取しても、生きたままの乳酸菌が腸に届くのはごくわずかであるということになります。
死滅した乳酸菌は、食物繊維と似た働きを持つので、まったく効果が無いというわけではありませんが、やはり生きたままの乳酸菌を腸に届けることのほうが大きな便秘解消の効果を得ることができます。
近年では、「生きたまま腸に届く」というフレーズの乳酸菌製品が多く出回るようになりましたので、こういったものを積極的に摂取すると便秘解消に良いかもしれませんね。