食物繊維と便秘の関係

便秘に悩んだら、食物繊維を摂取すると良いということは、一般的にも広く知られています。
しかし、どうして食物繊維が便秘に良いと言われているのかということは、詳しくご存じでしょうか。
ここでは、食物繊維と便秘との関係についてご紹介します。

そもそも食物繊維というものは、昔は「食べ物のカス」であると考えられていたそうです。
食物繊維は身体に吸収されることがありませんし、他の栄養分などを一緒に排泄してしまうものだという考え方が先行していたからです。
しかし研究が進められていき、食物繊維は実は便秘や大腸炎、糖尿病といった症状を予防する働きがある優れたものであるということがわかってきました。
そして現在では五大栄養素に加え、第六の栄養素として食物繊維が重要視されるようになったのです。

食物繊維といっても、実は大きく分けて2つの種類があります。
水に溶ける性質を持った「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい性質を持った「不溶性食物繊維」です。
これらは、それぞれで身体にもたらす働きが異なっています。

水溶性食物繊維は、昆布やわかめ、果物などに多く含まれています。
これは、粘着性が高いために腸内をゆっくりと移動します。
大腸内のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える効果があります。

一方、不要性食物繊維は、穀類や野菜、豆類などに多く含まれています。
これら保水性が高いため、胃や腸の中で水分を吸収し、大きく膨らみます。
そして腸を刺激して排便に必要なぜんどう運動を活発化させてくれるのです。

異なる性質と効果を持っている2つの食物繊維ですが、便秘を解消するためには、どちらもバランス良く摂取することが大切です。
よく、食物繊維を摂っているのに便秘が解消しない…という方がいますが、そういう方はご自身が摂取している食物繊維の種類が偏っているのかもしれません。
一方の食物繊維に偏って摂取してしまうと、かえって便秘を悪化させてしまうこともあるのです。
一度、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とを意識した食事をしてみると良いでしょう。