赤ちゃんや幼児の便秘対策

意外と多い便秘のお悩みが、赤ちゃんや小さなお子さんの便秘です。
何日も便が出なくて、苦しそうにしているお子さんを見ていると、なんとかしてあげたいと思うのですが、どうしたらいいのかわからないと悩む保護者の方も少なくありません。
では、赤ちゃんや幼児の便秘は、どのように解消してあげればよいのでしょうか。

まず、一般的には毎日排便があることが良いと言われていますが、お子さんによっては1日に2回以上排便がある場合もありますし、2~3日に1回まとめて排便をすることもあります。
本人が苦しそうにしていなくて、スッキリとしているようであれば、それが本人の正常な排便リズムであるということですので、本人の排便リズムを元にして、本当に便秘であるかどうかを判断しましょう。

赤ちゃんや小さなお子さんの便秘の原因は、主に食生活の変化にあります。
特に離乳食がスタートすると、便が硬くなるために、上手くいきむことができずに便秘になってしまうことが多いようです。
また、好き嫌いの多さから、野菜不足や果物不足になることなども、便秘の原因になります。

便秘の解消方法としては、まずは水分を充分に与えることが大切です。
母乳育児中であるならば、母乳以外にも果汁や砂糖水などを飲ませてあげると、効果が得られることが多いようです。
また、まだ歩かない赤ちゃんであれば、足を曲げたり伸ばしたりの運動をさせてあげることで、お腹が刺激されて解消することがあります。
3~4日出ず、本人が苦しそうにしているのであれば、浣腸で便を出してあげましょう。
浣腸を繰り返すことでクセになってしまうと思われる方もいますが、医学上そういうことは無いと考えられていますから、安心して使って大丈夫です。
むしろ、浣腸で排便をするという感覚を覚えることができますし、硬くなった便を出してあげないと、いつまでも便を出すことができないので、まずは溜まった便を出してあげることが大切なのです。

それでもなかなか解消しない場合は、一度小児科で相談してみると良いでしょう。
便を柔らかくする薬の処方など、様々な相談に乗ってもらえるはずです。
また、今はお子さんの便秘に悩んでいても、成長して消化器官や筋力がついてくるにしたがって、便秘が解消されていくことが多いです。
トイレトレーニング中などは、特に本人のストレスなどが原因で排便ができなくなることもありますので、おおらかな気持ちで見守ってあげることも大切です。