便秘薬は使っても良い?

最近は「自然にスルっと」「身体にやさしい」といったキャッチフレーズを使った便秘薬が増えています。
そのために、便秘薬を使用することに抵抗が無いという方も少なくありません。
確かに便秘薬を使用することで、自力では出すことができなかった溜まった便を出すことができます。
お腹をスッキリさせることができるため、非常に便利な存在ではあります。
しかし、この便秘薬、使い方を間違えることで非常に危険な存在にもなりかねません。
では、便秘薬とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

その薬は、便が何日も溜まってしまい、自力では排泄することができなくなったときに使用する分には構いません。
これらの薬の中には、服用する量を自分で調整することができるものもありますから、そういったものを使用して、無理の無い量を服用すると良いでしょう。

いくら便秘に良いとされる食事や生活習慣をしていても、すでに溜まってしまっている便を出さないことには、その効果を発揮することができません。
溜まっている便は硬くなり、早く出してあげないと、余計に排泄しづらくなっていきますので、そうなる前に…もしくはそうなってしまったら…というときに、便秘薬を使用すると良いでしょう。

簡単に便を排泄することができるという手軽さから、「便秘になったらまた使えばいいや」と思っている方も多いようですが、実はこれらの薬を繰り返し使用することで耐性がついてしまい、便秘薬無しでは排泄することができない身体になってしまうのです。
しかも、その量はどんどん増えていき、服用目安量の2倍も3倍もの量を使わなければ排泄できないという方も少なくありません。
こうなってしまうと、自力で排泄することができるようになるまで、治療に時間がかかってしまいます。
そうならないためにも、便秘薬はどうしてものときだけに留めておき、基本的には食生活や生活習慣での改善を中心にしていくと良いでしょう。
どうしてもこれらが改善されないという場合は、医師に相談するのも良いかもしれませんね。