便秘とはどういう状態?

私たちにとって非常に身近な健康トラブルのひとつが「便秘」なのではないでしょうか。
多くの方が、この状態を経験したことがあるのではないかと思います。
そんな身近な症状ですが、どのような状態になったら便秘であると診断されるのでしょうか。

一般的によく聞くのが、「3日以上出なければ便秘である」や、「1日1回出ることが通常である」という話です。
しかしこれは正しいとは言えず、個人個人によって異なるという答えが正解です。
3日に1回のペースで排便をしているけれど、スムーズかつお腹もスッキリしているということであれば便秘ではありませんし、毎日排便できていても、お腹がスッキリしていないのであれば便秘であると言えます。

では、これらはどうして引き起こされるのかというと、便に含まれている水分が少なくなって硬くなってしまったり、便が通る腸管が細くなってしまって排便が困難になったり少なくなったりすることで起こります。
これらの症状が起こる原因は様々で、食生活や生活習慣、ストレスなどがあります。
要因が複雑に絡んでいることも少なくありません。

また、便秘には大きく分けて2つの種類があり、腸管の機能に異常のために起こる「機能性」と、腸管の病気で引き起こされる「器質性」とがあります。
多くの方は前者の機能性のものであり、この機能性のものも3つの種類に分けられます。
「弛緩性」、「痙攣性」、「直腸性」の3種類で、この種類によって、これらの解消方法や予防方法も異なってきます。
そのため、まずは自分がどのような種類のものであるのかということを理解することが、便秘解消への第一歩であると言えるでしょう。

全てのタイプの便秘解消に言えるのは、規則正しい生活習慣とバランスの良い食生活を送るということです。
食べ物を排泄する行為であるものは、やはり便の元となる食事が重要となってきます。
特に最近は、ダイエットなどで食べる量が少なくなるためにこれになるという方が少なくありません。
出すためのものが無いわけですから、便秘になるのも当然のことですね。
これになると、お腹が張ったりするだけでなく、肌荒れをしたりと美容にとって何も良いことはありません。
そういった意味でも、ダイエット中であってもある程度の量の食事は大切なのです。